Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

結婚式の式場見学の流れについてオススメの手順をまとめました。

プロポーズをして成功すると式場選びをはじめますよね!?

僕は海外挙式予定ですが、一応国内の式場も見学したかったので下見に行ってきました。

今回は予約から見学までの手順と実際に体験した上での注意ポイントについて共有させていただきます!

ゼクシィカウンターで式場見学の予約(無料)

式場見学を予約する方法は、電話、インターネットなど様々な方法がありましが、オススメはゼクシィカウンターの利用です。

やはり結婚式のプロの方にいろいろ相談をして情報をいただいてからお目当ての式場に伺いましょう。

それぞれの式場の特徴を把握している、かつ思いも寄らない会場の情報を貰えたりと大変便利です。

式場見学の予約もその場でやっていただけます。

ちなみにゼクシィの会員の知人経由でいくとそれぞれQUOカードをいただけます。(たしか1,000円いただけました)

式場見学でやること

式場見学では大きく三つのことをします。

  • 設備の見学
  • 料理の試食
  • 見積りと予約

式場の設備の見学

当然ですが、式場の設備の見学を行います。

その他、実際に式をあげた人のムービーを見せてもらうことができるので自分たちが式をあげた時の様子をイメージすることができます。

料理の試食

多くの式場では実際に出される料理の試食を行えます。

フルコースとはいかないまでもそれなりのボリュームを無料で試食できます。

なので、当日はご飯を食べずに訪問しましょう。

僕は試食目当てで式場見学を行いました(笑)

見積もりと式場予約

最後に予算の見積もりと予約をします。

ここで注意ポイントですが、決して即答せずに持ち帰り検討しましょう!!

担当者は即決なら○○円割引だのありとあらゆる特典をつけてくれますが、即決する必要はありません。

そこで見積もりの期限ガーといった話で進めようとしますが問題ありません。

日程が大丈夫か周りに確認するとか言って、見積もりをいただいて家に帰ってじっくり検討しましょう。

理由は式場側は契約すれば大きな利益を得るので大前提として客を逃したくありません。(割引の金額も式場からしたら誤差の範囲です。)

なので期限が過ぎても再度頼み込めば期限を延長してくれます。

また複数の式場を見学して見積りをもらい相見積りする等、値下げ交渉をしましょう。(相手の言い値だともったいないです。)

ただしどうしてもこの日にあげたいといった日程の志望があるのであれば早めに行動するようにしましょう。

式場見学体験記

実際に僕は二店舗見学しましたので体験レポートを公開させていただきます。

ちなみに場所は横浜みなとみらいです。

グランドオリエンタルみなとみらい

一件目はグランドオリエンタルみなとみらいという式場です。

式場自体がまだ新しいので大変綺麗な式場でした。

また、式場の屋上からみなとみらいのビル群が見れるのもポイントです。

それでは肝心の試食ですが、

前菜

前菜です。おしゃれで超美味しかったです!

魚料理

魚料理です。ソースが美味でした。

メイン

メインのお肉です。こちらもソースが美味しかったです。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

2件目はヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルです。

あの有名なホテルです。

名前はともかく写真を見たら、あー!となるホテルです。

グランドオリエンタルみなとみらいに比べホテルがやや古いですが流石に貫禄がありました。

有名ホテルなので親族受けもよさそうです。

式場も3種類ありそれぞれが特色がありどれも大変素敵でした。

さて、お待ちかねの試食ですが、

前菜

大変美味しかったです。

メイン

卵黄の乗ったヒレ肉のステーキ。めちゃくちゃ美味かったです!

サイズは試食サイズですがこれが無料で食べられるとは。。

デザート

美味しかったですけど、お腹いっぱいだったので完食できませんでした。

以上、が式場レポになります。

料理くらいしか有力な情報がなくてごめんなさい(笑)

まとめ

簡単ですが、式場見学に行く前のポイントについてまとめます。

  • ゼクシィカウンターを利用すべし(無料でQUOカードもらえる)
  • 見学に行っても即確定せに値下げ交渉すべし
  • 試食の料理が美味しい
  • 別に予約しなくても何も言われない

といったところです。

せっかくなので恋人と楽しみましょう!

以上、ご参考にいただければと思います。